先輩からのメッセージ



私は人と関わることが好きなのでこの仕事をしようと思いました。高校で福祉について3年間勉強し、実習を重ね利用者の方と関わる中で“介護士になりたい”という気持ちがさらに大きくなっていきました。企業見学で菜の花に行かせていただいた時、利用者の方や職員の方がとても優しく、働きやすそうな環境だと思いました。
 また、ここでは資格取得の為に、ケアマネさんや介護士さんが協力していろいろ教えて下さるので、これから資格取得をするにはとても良いと思いました。
まだ入って間もないですが“笑顔”と“元気”で頑張っていきます。

利用者の方も職員の方も明るく楽しい職場です。しかし「大変だな」とか「しんどいな」と思う時もありますが、利用者の方の笑顔や、私の名前を覚えて呼んでいただいたときは、それも全て吹き飛ぶぐらい嬉しく、やりがいに繋がり原動力になります。
これから利用者の方の笑顔をいっぱいつくっていき、ひとりひとりの方と向き合いながら頑張ります。



私が菜の花を選んだ理由はふたつあります。
ひとつは、優しい雰囲気が漂っている所です。高校生のときに一度菜の花を見学させていただいたことがあります。その際に利用者の方と職員の方が、笑顔を浮かべながら話しをされているのを見て、とても和やかで優しい雰囲気が漂っているように感じました。
 ふたつめは、心温かい介護をされている所です。見学の際に年間行事や毎日行われるレクリエーションがどのようなものなのかを教えていただいたのですが、どれも利用者の方ひとりひとりのことを第一に考えておられ、細かい配慮がされていました。職員の方々の温かさが伝わってきました。

職員の方はとても優しく心温かい人達です。施設全体からみると、なんだか家族のような雰囲気があります。でも、ただ優しいだけでなく、常に相手の気持ちになって考えて下さっています。



昔から人と関わることが好きだったので、介護の仕事に進みました。就職し、たくさんの利用者の方と関わるうえで、大変なこともありますが、楽しいことの方が多く、いきいきと介護の仕事をすることが出来ています。 また、私は小学校の頃に、菜の花を訪問し、「ソーラン節」の踊りをさせていただく機会がありました。大人になった今、思い出のある菜の花で介護士として働いていることに今でも驚いています。これからも笑顔の絶えない明るい介護士として頑張っていきたいと覆います。

先輩方が優しく、言いたいことも発言でき、とても良い環境で仕事が出来ていると思います。今後も利用者の方が職員に対し何でも言えるような、そんな環境を築いていけたら良いと思います。



菜の花はとても明るく、スタッフや利用者様の笑顔がたくさんあります。そんな中、「話せる」「聴いてもらえる」といった関係がしっかりあり、楽しく働ける環境ができていると思います。そのため、色々なことにトライしていける職場だと思います。資格取得などステップアップのためのバックアップもしっかりとあります。やってみようと思う気持ちが大切にされ、自分らしく働くことができています。

小規模多機能施設菜の花は、アットホームな雰囲気でとても過ごしやすい所だと思います。「いってきます」「お帰りなさい」が言える家庭のような空気感があります。スタッフも利用者の方も一緒になって楽しもうという姿勢でお互いが笑顔になり、活気ある時間が流れています。「今日は横山さん休みなの?」と居ないと寂しいと思われるような職員を目指してこれからも楽しく過ごしやすい場所づくりをしていきたいと思います。



介護に対する色々な考え方を教わったことで、私の親の生き方を理解することが出来ました。また、明るく元気な職員と一緒に働く事で、自分自身も明るく日々を生活することが出来ています。子育てと両立しながら働くことができるよう条件を設定してもらい、家族の理解を得られて、働き続けることができています。

デイサービスは職員も利用者の方も元気でにぎやかで、声も大きいので慣れるのに大変ですが、利用者の方に「今日も1日笑った、楽しかった!」「今日は体調がすぐれないので、休もうと思ったけど来て良かった!」と笑顔で帰られるまた頑張ろう思います。いつも利用者さんの優しい声に励ましに支えられながら、毎日前向きに頑張っていける環境でお仕事させてもらっています。